カメラの設置で失敗しない方法

画像仮置き防犯カメラを設置する場合、何度も付け替えるものではないので壊れにくいカメラを選択することはもちろん、設置時や設置後のことまで考えて購入しましょう。

カメラ設置時に注意したい点と、設置後に注意したい点をまとめてみました。

防犯の目的として活用する上で、とても重要なことばかりですので、カメラ設置の際ご参考にしていただければと思います。

設置時の注意点

1. 設置箇所

「犯罪を抑制する」という目的があります。
ですので、必ずカメラが設置されていることが分かる位置に設置しましょう。
間違っても隠し撮りなどしないように設置してください。

2. 設置していることを表示

表札付近や門扉などに、防犯カメラを設置していることを明確にしましょう。
市販シールなどもあります。
この表示をすることで、カメラに気づく前に犯罪を抑止する効果が上がります。

3. カメラの調整

撮影した時に設置角度や向きが悪くて、効果が出せないことがあります。
周りが写り込まないようにしつつも、肝心な撮影はできるように調整が必要です。

4. 設置後の注意点

1. 撮影したデータについて
個人宅と企業では、撮影したデータの管理や扱い者など違うこともあります。
しかし、共通して個人のプライバシーが撮影されているという意識を持ってください。
データの管理を誤ってしまうと、プライバシー侵害で訴えられるといった最悪のこともあります。
最近は個人データを簡単にインターネットに公開できてしまうため、データの取扱には細心の注意を払いましょう。
2. プライバシーポリシーについて
撮影データ以外にも注意することがあります。
撮影によって知り得た情報なども、むやみに口外してはいけません。
企業でしたら、専属の担当責任者を設けるなどして情報の秘匿を心がけましょう。
3. データの外部提供について
ドラマなどで知っている方もいるかもしれませんが、事件捜査への協力として警察にデータの提供を求められることがあります。
警察とは安易に提供せず、個人のプライバイシーが撮影されているという意識を持って提供しましょう。

まずはお気軽にお問い合わせください。資料請求もどうぞ!

TEL 03-6435-3888
メールでのお問い合わせ資料請求はこちら

まずはお気軽にお問い合わせください。資料請求もどうぞ!

TEL 03-6435-3888
メールでのお問い合わせ資料請求はこちら

このページのTOPへ